平壌

サイト運営者

言葉には一家言ある典型的な日本人。
徒然なるままに、気に入ったモノ、気になるコトを紹介していきます。

地球上に存在しているのは、自然の驚異だけではない。人間の為せる最凶の場所もある。訪れて、間違えて写真を撮ったりすると拘束されたり、まかり間違えば銃殺されてしまうような物騒な場所、例えば北朝鮮の首都平壌。こんな場所には一生縁がないと思っていたが、グーグルアースでは実にノーリスクで俯瞰できてしまう。

かと言って敢えて訪れる酔狂な輩も少ないのだが、それだけに好奇心は湧く。私もグーグルアースによって訪問してみた。方法は実に簡単で「平壌」と検索すればいい。

まずは全般の感想。都市としての規模だが、実に小さいイメージがある。主要地域から少し離れるとすぐに森や林、それに得体のしれない建物の数々、雰囲気も何だか重苦しく、緑が少ないし、どこか見えない危険に満ちている気がしてくる。

当然だが、グーグルアースでは表通り以外の場所も眺めることができる。外国人の目を欺くために、大通りに面した建物は薄っぺらで映画の大道具のようだ、と耳にしたことがある。それは本当なのだろうか?

例えば朝鮮革命博物館前の、金日成・正日親子の巨大銅像、金日成が高く右手を挙げている様子まで観察できる。一昔前には考えられもしなかった光景である。そして大通り沿いの高層建築物。確かに細すぎる気もするが、張り子の虎というより実の建物らしくは目に映るので、あの噂は噂でしかなかったか、と結論付けられよう。

もう一つ興味があったのは、大通りから外れた一角。庶民の家と思しき建物である。密集したバラックのように思える。こんな建物の集合体が広く覆いつくされている。大都会である平壌の郊外でこうなのだから、田舎の町ではいかばかりか。興味深い。

どちらにしても、首都という一大メガロポリスのはずだが、そのような派手さはどこからも窺い知ることができなかった。一党独裁の下でせいぜい気張って作り上げたのであろうが、外国人に魅せられる光景以外も沢山あるようである。そんな本来軍事機密であろう施設を、いとも簡単に覗けてしまえるソフトのすばらしさ。

参考になるのではなかろうか。日本に生まれて幸せだと改めて強く感じた。

タイトルとURLをコピーしました